三十三間堂 Sanjusangendo, Kyoto
更新日: 2013-10-13 22:39:39
三十三間堂は京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂。同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂で、本尊は千手観音である。堂内中央にこの丈六坐像の本尊をまつり、左右の内陣にはそれぞれ十段の階段に50体ずつの千手観音立像、計千体が並ぶ。
  •  (0)   閲覧1516Views
hikyou
三十三間堂 Sanjusangendo 蓮華王院 京都 通し矢 木造千手観音坐像 木造千手観音立像 +
三十三間堂にある「千手観音像」の正式名称は何ですか??
三十三間堂のHPでは「千手観音坐像」としか記されていませんが、三十三間堂のパンフレットでは1001体の千手観音像全てがご本尊で『正しくは「十一面千手千眼観世音」という』と記されています。
そして、中央の巨像を「中尊」としています。

ただ、この名称は通常はあまり使用されておりません。
文化庁の国指定文化財等のデータベースでも「中尊」の事は「木造千手観音坐像〈湛慶作/(蓮華王院本堂安置)〉」、左右500体ずつの立像は「木造千手観音立像〈/(蓮華王院安置)〉」となっており、中央の巨像は通常は「千手観音坐像」でよいと思います。

「蓮華王院 三十三間堂」の認める正式名称は1001体全てのご本尊は「十一面千手千眼観世音」、その中の中央の巨像は「中尊」で、一般に流布している名称は「千手観音像」、「中尊」の事は「千手観音坐像」という事でよいと思います。
 
三十三間堂にある「千手観音像」の正式名称は何ですか??
日本唯一の千体観音堂
正式には蓮華王院(国宝)といい、長寛2年(1164)鳥辺山麓(現・阿弥陀ヶ峯)の後白河上皇・院政庁「法住寺殿」の一面に平清盛が造進した。  約80年後に焼失したが、すぐに復興に着手し文永3年(1266)に再建された。その後、室町・桃山・江戸そして昭和と4度の大修理により700余年間保存されている。  長いお堂は和様の入母屋・本瓦葺きの「総檜造り」で約120m。正面の柱間が33あるところから「三十三間堂」と通称され、堂内には1001体もの観音像がまつられる。  また、見落としがちだが境内・南の通称「太閤塀」と呼ばれる築地塀と南大門は、ともに豊臣秀吉ゆかりの桃山期の気風にあふれた重文・建造物である。
The official name of Sanju-sangen-do is Rengeoin temple, and the structure is registered as a National Treasure by the Japanese government. It was established by the powerful warrior-politician Taira-no-Kiyomori in 1164. The original temple building was lost in a fire, but the building was reconstructed in 1266. That structure has remained unchanged for 700 years since then with four great renovations during that period. The long temple hall, which is about 120 meters long, is made in the Wayo (Japanese) style architecture. As there are thirty-three spaces between the columns). Other noteworthy objects in this temple are the roofed earthen fence and the South Gate, which are registered as Important Cultural Properties. They are noted in connection with Regent Toyotomi Hideyoshi and reflect the aesthetics of the 16th century.
A monk walks past the main entrance of Sanjusangendo Temple.

無限の慈悲、千体の観音立像
中央の巨像(中尊)を中心に左右に各500体(重文)、合計1001体がご本尊。 正しくは「十一面千手眼観世音(じゅういちめんせんじゅせんげんかんぜおん) 」といい、当院の像は檜材(ひのきざい)の「寄木造(よせぎづく)り」で、頭上の11の顔と40種の手に表現される。  中尊(国宝)は、大仏師湛慶(たんけい)(運慶(うんけい)の長男)82歳の時の造像で鎌倉期(建長6年)の名作と評価される。等身立像の中、124体はお堂創建時の平安期のもので、他の800余体は鎌倉期の再建の折に約16年かけて復興された。
The principal images of Sanjusangendo Temple are the 1001 statues of the Buddhist bodhisattva Juichimen-senju-sengen Kanzeon (eleven-headed, thousand-armed, thousand-eyed Kannon), usually simply called Kannon. One thousand standing statues of Kannon (Important Cultural Properties) and one gigantic seated statue (National Treasure) placed in the centre are housed in the temple hall. The images are made of Japanese cypress. Among the standing statues, 124 were carved in the 12th century when the temple was founded, and the remaining 876 were made in the 13th century when the temple was renovated.
Vermillion columns at Sanjusangendo Temple.

国宝雷神と風神像
堂内両端のひときわ高い雲座にのった風神と雷神象力強く躍動的。古代人の自然や天候に対する畏れや感謝の心が、空想的な二神を創造し、風雨をつかさどり、「五穀豊穣」をもたらす神々として信仰された。太鼓を打つ雷さまと風の袋をかかえた風の神というイメージを決定づけた鎌倉彫刻の名品(国宝)である。
The powerful and dynamic statues of the thunder God and the Wind God are placed at either side of the temple hall on raised pedestals of cloud shape. The images of these gods derived from people's fear of and gratitude for nature in the old days. People worshipped them as deities who controlled rain and wind, and broght about good harvests. These statues are representative masterpiece sculptures of the Kamakura period ( 12th-14th centuries).
国宝観音二十八部衆像
観音像の前例と中尊の四方に位置する変化に富んだ28体の仏像(国宝)は、千手観音とその信者まもるという神々でインド起源のものが多く、その神話的な姿が 迫真的(はくしんてき)に表現されている。  技法的には檜材の「寄木造り」で、仏像の手や顔を別々に彫(きざ)んで接着し、漆を塗って彩色(さいしき)仕上げをしたものである。目にはより写実性を高めるため、水晶をはめ込む「玉眼」という技法が用いられている。
The twenty-eight images placed in a straight line in front of the 1001 Kannon statues are guardian deities which protect the Buddhists who bellieve in Kannon. Many of these deities, whose mythic images are expressed in a vivid manner, have their origin in ancient India. Technically these statues are made in an assemblesd construction method. Arms and heads were carved separately, then joined together, coated with lacquer, and finished by coloring.
【楊枝のお加持 やなぎのおかじ】
インド伝来の修法で、平安時代からの伝統をもつという当院最重の法要です。儀式では聖樹とされる「楊枝・やなぎ」で、観音さまに祈願した法水を参拝者に注いで、諸病を除くというもので、特に頭痛に効くと伝えられます。
The Yanage-no-Okaje temple fair held in January is one of the largest events Sanju-sangen-do. The fair is believed to be effective in preventing headaches.
【大的大会 おおまとたいかい】
出典:pds.exblog.jp
三十三間堂:通し矢は、江戸時代初期(慶長年間)から三十三間堂の120メートル(軒の端から端まで118メートを通す)の距離で行われていたが、現在は、半分の60メートルの距離で行われています。
振り袖の新成人や大学の弓道部員が、弓の引き初め行事として行われています。

江戸時代の「通し矢」にちなむ大会で、全国から二千人が参加し、やなぎのお加持と同日に行なわれます。特に新成人の晴れ着姿での競技は、正月ならではの華やかさで、京都の風物詩のひとつです。無料公開される境内は、終日、賑わいをみせます。
An archery competition is held in a traditional style all day long in the western garden. Many illustrated votive tablets in the temple record the history of thie archery competition. Every year 20-year-old lady aechers, who celebrate the Coming-of-age Day in beautiful traditional dresses, participate in the competition.
言葉を失うとは、まさにこのことを言う。
正式には蓮華王院という名をもつ「三十三間堂」。通称の由来は正面の柱間が33あることからきているが、建物の長さが33間だというふうに勘違いしている人が多い。実際の建物の長さは約120メートルあり、33間(約60メートル)よりもはるかに長いのだ。その長い建物の中に1001体の千手観音仏と風神・雷神や二十八部衆などの仏像が収容されている。建物の中に足を踏み入れた瞬間、千体の仏様が鎮座していることはわかっているのに、その圧倒的迫力に威圧されてしまう。とにかくすごいのだ。どこまでも続く仏様の行列。言葉を失うとは、まさにこのことを言う。
 
三十三間堂外観
中央の巨像(中尊)を中心に左右に各500体、合計1001体の千手観音仏。千体仏は縦に10体ずつ100列並んでいて、それぞれに番号が振られている。よくみると、一つひとつの顔がそれぞれみな違う。思い思いに自分好みの仏様を探すのもまた一興かもしれない。
 また、観音像の前列と中尊の四方に観音像を守るように配置されているのが二十八部衆である。元はインドの神々だった様々な鬼神が両端に配置された風神・雷神像とともに千手観音の護法に当たっている。そのユーモラスな仏像もまた見ていてあきない。一つひとつの仏像を丹念に眺めているだけで時間があっという間に過ぎてしまう。それほど大きな寺院ではないが、拝観時間はゆっくりととった方がいい。
 
三十三間堂・千体の観音立像
京都 蓮華王院 三十三間堂 Sanjusangendo, Kyoto
Sanjusangendo 三十三間堂 / 蓮華王院
蓮華王院の仏さまたち Sanjusangendo, Kyoto
Sanjusangendo 三十三間堂 / 蓮華王院
蓮華王院 三十三間堂 Sanjusangendo, Kyoto
〒605-0941 京都府京都市東山区三十三間堂廻リ 町657 075-561-0467
Sanjusangendo, in eastern Kyoto, is a temple affiliated with the Tendai sect of Japanese Buddhism. Sanjusangendo is the popular name, meaning "Hall with 33 Bays." The temple's official name is Rengeo-in.
 
History 歴史
Sanjusangendo was founded in 1164 by order of the retired emperor Goshirakawa. The original temple was destroyed by fire in 1249; the present structure dates from its rebuilding in 1266.

The Kannon statues that fill the temple were carved in the 12th and 13th centuries by Tankei, a famous sculptor of the Kamakura Period. The central Kannon image dates from 1254.
 
What to See 何をみる?
At 120m (394 feet) in length, Sanjusangendo is Japan's longest wooden building. Simple and austere on the outside, the main attraction of Sanjusangendo is the inside, which is filled with 1,001 statues of Kannon, all beautifully carved from Japanese cypress.

The temple centers on a six-foot-tall statue of Kannon, the Buddhist goddess of mercy. She has 11 faces and 1000 arms and has been designated a National Treasure. The central Kannon is flanked by 1,000 more life-sized Kannons, who are covered in gold leaf and stand side-by-side several rows deep. These statues have 40 arms, each of which are said to have the power to save 25 worlds.

Sanjusan means "33," which is the number of spaces between the pillars that support the long, narrow hall. This number was chosen for a reason: Kannon can assume 33 different shapes on her missions of mercy. So, because there are 1,001 statues of Kannon in the hall, 33,033 shapes are possible. People come to Sanjusangendo to look for the likeness of a loved one among the many statues.

In the corridor behind the Kannons are statues of 28 Japanese deities who protect the Buddhist universe. They represent Kannon's disciples and embody various virtues. Finally, there are two traditional Buddhist temple guardians: Raijin, the god of thunder, and Fujin, the god of wind.

Sanjusangendo is also known for the Toshiya (archery contest) that takes place behind the temple each January. Traditionally, the contest is a ritual exercise intended to show young participants that an adult's life requires patience and self-control.
 
三十三間堂大的全国大会(通し矢)2013年 Japanese long-range archery
三十三間堂で2013年1月13日に開催された「三十三間堂大的全国大会」の様子です­。「通し矢」に由来する行事で弓道をたしなむ2000人の新成人が振袖袴の晴着姿で行­射する姿は、とても立派で新春のお祝いムードと相まって京都小正月の風物詩になってい­ます。

大的大会は三十三間堂本堂の西庭の南側に直径1メートルの的を置き、60メートル離れ­た場所から矢を放ち当てるものです。江戸時代の通し矢では、一昼夜のうちに何本的に当­てられるかを競ったと伝えられています。新成人が華やかな晴れ着姿で競技をする姿は京­都の風物詩の一つにもなっています。着物姿で友人達と楽しそうに写真を撮る光景にこち­らも自然に笑みがこぼれます。

蓮華王院 三十三間堂「大的大会、楊枝のお加持」
住所:京都市東山区三十三間堂廻町657
TEL:075-561-0467
拝観料:この日に限り無料
時間:9時~15時30分受付終了(16時閉門)
Sanjusangendo - 三十三間堂

コメント